生活習慣病を招く要因!コレステロールとは?

血管を強くするサプリ 画像

健康に気を使ううえで、「コレステロール」という言葉を
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

血中のコレステロール値が高いまま放置すると、
心筋梗塞や脳梗塞、狭心症など生活習慣病を招く
要因となるため、健康を気遣ううえで
注目したいポイントでもあります。

 

ここでコレステロールについて詳しく知っておきましょう。

 

 

【コレステロールとは】

 

コレステロールとは体の細胞やホルモンを生成する上で
欠かせない素材である脂質の一種です。

 

コレステロールは脂っこい食事を摂取することで体内へ取り入れると
イメージされがちですが、その多くは肝臓で生成されています。

 

ただし量が増加しすぎると血管内の壁に張り付き、
ドロドロ血液や動脈硬化の原因となり
生活習慣病のリスクを高めることがあります。

 

 

【2種類のコレステロール】

 

コレステロールには、
「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の2種類があり、
この2つの総量を「総コレステロール」と呼びます。

 

善玉コレステロール(HDLコレステロール)

 

善玉コレステロールには、古くなったコレステロールを肝臓へと
回収する作用があります。

 

この際、血中のコレステロールを取り去る働きをするため
動脈硬化のリスクを下げる効果があります。

 

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)

 

悪玉コレステロールは肝臓で生成されたコレステロールを体の
隅々まで運ぶ作用があります。

 

この際、血中に余計なコレステロールを置いていくため動脈硬化の
要因となる成分でもあります。

 

善玉コレステロールとは異なる作用をし、動脈硬化など健康リスクを
脅かす成分であるため「悪玉」コレステロールと呼ばれます。

 

 

【コレステロールの血中における循環のしくみ】

 

善玉コレステロールはHDLコレステロール、悪玉コレステロールは
LDLコレステロールと表記されますが、HDL・LDLはコレステロールの
ことではなく、コレステロールの周りを包む粒子・リポタンパクの
頭文字を略したものです。

 

コレステロールそのものは脂質であるため血液中に溶けることが
できず、リポタンパクを纏うことで血液中で循環できるように
なっています。

 

HDL・・・High Density Lipoprotein(高比重リポタンパク)
LDL・・・Low Density Lipoprotein(低比重リポタンパク)

 

 

【血中コレステロール値の危険数値は?】

 

血中の善玉コレステロール値が基準より少ない場合や、
悪玉コレステロール値が基準より多い場合、また中性脂肪値が
高い場合の状態を『脂質異常症(高脂血症)』といい、放置すると
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など生活習慣病のリスクを高めます。

 

善玉コレステロール(HDL)の危険数値

 

善玉コレステロールが減少すると、血液中の余計なコレステロールを
肝臓へと回収しきれず、血管内の壁に張り付いて動脈硬化の
リスクを高めてしまいます。

 

危険となる基準は40mg/dL未満となっています。

 

悪玉コレステロール(LDL)の危険数値

 

悪玉コレステロールが増加すると、血管内の壁に張り付き
動脈硬化などの原因となります。

 

危険となる基準は140mg/dL以上となっています。

 

関連ページ

高い血中コレステロール値が招く病気のリスクとは?
コレステロール値が高いまま放置すると、どのようなリスクが生じるのかをご説明します。
コレステロール値の改善に効果的な食材とは?
健康のために悪玉コレステロールを増加させないことが大事ですが、LDL値を改善する効果のある食材はあるのでしょうか?食事から改善するヒントを集めました。
血中コレステロール値を改善する為に効果的な運動とは?
悪玉コレステロール値を改善するには運動も大事です。ここでは効果のある運動をご紹介します。
血中コレステロール値をサプリメントで改善するには?
コレステロール値を手軽に改善できるサプリメントについてご紹介します。上手に有効成分を摂取して体質改善を目指しましょう。