高い血中コレステロール値が招く病気のリスクとは?

血管を強くするサプリ 画像

ここでは、血中コレステロール値が高いまま放置すると
どのような病気を招く恐れがあるのかご紹介します。

 

 

 

 

【コレステロールの役割・数値基準・リスクについて】

 

コレステロールには2種類あります。

 

善玉コレステロール・・・血液中の余計なコレステロールを
 肝臓へと回収する働きがあります。

 

悪玉コレステロール・・・血液中に余計なコレステロールを
 置き去りにする働きがあります。

 

この2つのコレステロールは多すぎても少なすぎても悪影響を
及ぼしますが、血液中の善玉コレステロール値が40mg/dL
悪玉コレステロール値が140mg/dL以上だと
「脂質異常(高脂血症)」となります。

 

「脂質異常(高脂血症)」となるほどコレステロール値が悪い場合、
血管内の壁にコレステロールが張り付き「動脈硬化」を招きます。

 

 

【動脈硬化のしくみと原因について】

 

動脈硬化とは、身体機能を支える動脈の内壁にプラークと呼ばれる
脂肪の塊がこびり付いて詰まりやすくなり、血管自体も硬くなる
状態のことをさします。

 

動脈は、身体機能を保つために必要な栄養や酸素が含まれる
血液を全身へと運ぶ働きを担っています。

 

しかし加齢と共に動脈は硬くなっていくため全身へ十分に栄養や
酸素を送ることができなくなりますが、この動脈硬化を促進
させてしまうのが悪玉コレステロールです。

 

動脈は健康な状態だと柔らかくしなやかな状態で、
血液も滞ることなくサラサラと流れています。

 

しかし血中に悪玉コレステロールが増加すると動脈の内壁に
プラーク(脂肪の塊)がこびり付き、血流が滞るだけでなく
血中の糖分や脂肪によりドロドロした血液となり、プラークを
よりもっと大きくさせてしまいます。

 

この状態を放置すると動脈が詰まったり、
最悪の場合は破裂する危険性があります。

 

 

【動脈硬化が招く生活習慣病とは】

 

動脈硬化を放置すると、様々な生活習慣病を引き起こす原因と
なります。

 

ここでは注意しておきたい病気についていくつかご紹介します。

 

狭心症

 

心臓の周りにある冠動脈が動脈硬化になると冠動脈内が狭くなり
心筋の酸素量が一時的に不足することで狭心症を引き起こします。

 

 

心筋梗塞

 

動脈硬化によって血管が詰まったり、血管内が狭くなることで
血流が滞ると、心筋へ酸素が十分に行き渡らず、心筋細胞が
壊死することで心筋梗塞を引き起こします。

 

 

大動脈瘤

 

大動脈瘤とは、全身へ酸素を送り出す大きな血管である大動脈が
動脈硬化によって弱り、一部分がボール状に膨らむ状態です。

 

このボール状の瘤は徐々に大きくなりますが、破裂するまで症状の
自覚が無く、また破裂した場合は激痛や意識障害など生死に関わる
症状を引き起こし、最悪の場合は突然死を引き起こします。

 

 

脳卒中

 

脳卒中には2種類あり、血管が破れる「脳出血・くも膜下出血」
血管が詰まる「脳梗塞」があります。

 

脳の血管内部が詰まることで脳内に酸素が十分に行き渡らず、
脳細胞が死んでしまい、命が助かった場合でも重篤な後遺症を
引き起こす場合があります。

 

関連ページ

生活習慣病を招く要因!コレステロールとは?
健康診断などで数値化される「コレステロール」ですが、どんな物かあまりよく分からない方も多いのではないでしょうか。まずはコレステロールについて解説します。
コレステロール値の改善に効果的な食材とは?
健康のために悪玉コレステロールを増加させないことが大事ですが、LDL値を改善する効果のある食材はあるのでしょうか?食事から改善するヒントを集めました。
血中コレステロール値を改善する為に効果的な運動とは?
悪玉コレステロール値を改善するには運動も大事です。ここでは効果のある運動をご紹介します。
血中コレステロール値をサプリメントで改善するには?
コレステロール値を手軽に改善できるサプリメントについてご紹介します。上手に有効成分を摂取して体質改善を目指しましょう。