血中コレステロール値を改善する為に効果的な運動とは?

血管を強くするサプリ 画像

血中のコレステロール値が高い場合、放っておくと
動脈硬化や心筋梗塞など生活習慣病を招く
原因となります。

 

コレステロール値を改善するには食生活を見直して
バランスの良い食事を摂ることが重要とされていますが、
運動を取り入れることも重要なポイントとなっています。

 

ここでは効果的な運動についてご紹介します。

 

 

【無酸素運動と有酸素運動】

 

運動には2種類あります。

 

無酸素運動・・・重量挙げや短距離といった酸素を取り込まない
 運動のことをさします。

 

有酸素運動・・・水泳やウォーキングなど酸素を取り込みながら
 行う運動のことをさします。

 

血中のコレステロール値を改善させるのに有効とされているのは
「有酸素運動」とされています。

 

普段からコレステロールを多く含む食事ばかり摂っているのに
スリムな体型を維持している方の多くが、この有酸素運動を
取り入れているとされています。

 

 

【なぜ有酸素運動が効果的なの?】

 

蓄積される中性脂肪

血管を強くするサプリ 画像

 

脂っこい食事やバランスの偏った食事を続けていると、
体内に内臓脂肪や皮下脂肪がどんどん蓄積されていきます。

 

特に内臓脂肪は合成・分解がしやすいため遊離脂肪酸を生成し、
肝臓で「超低比重リポタンパク(VLDL)」に変化しますが、
この超比重リポタンパクの中に中性脂肪が詰まっています。

 

 

中性脂肪&コレステロールはワンセットと考える

 

超低比重リポタンパク(VLDL)によって全身に運ばれた中性脂肪を
おろした場合、低比重リポタンパク(LDL)へと変化し、
悪玉コレステロールを生成します。

 

悪玉コレステロールは血中にコレステロールを放置する作用が
あり、血管の内壁に張り付いたりドロドロ血液にすることで
動脈硬化を招きます。

 

このことから中性脂肪とコレステロールは
ワンセットと考えましょう。

 

つまり中性脂肪の量の減少に伴いコレステロールも減少し、
中性脂肪を減らすには中性脂肪の素となる内臓脂肪を
減らすことが重要なポイントとなります。

 

 

中性脂肪を燃焼するには酸素が必要不可欠

 

体に蓄積された中性脂肪を燃焼させるためには酸素が
必要不可欠
であるため、無酸素運動より有酸素運動が
効果的とされています。

 

 

【どのくらい有酸素運動をすればいいの?】

 

毎日続けること

血管を強くするサプリ 画像

 

コレステロール改善のために有酸素運動を行う場合、
毎日継続することが重要です。

 

いきなり激しい運動を取り入れるのではなく、ウォーキングや
20〜30分程の軽いジョギングから取り組んでみましょう。

 

運動を取り入れる時間がない方は、毎日の通勤時間中に
少し早歩きをしてみると効果的です。

 

また有酸素運動によって脂肪を燃焼するには、
体のエネルギー源である糖質と体脂肪のうち
先に糖質を消費しきる必要があります。

 

糖質を消費するには20分程の運動が必要とされ、30分ほど
経過してから体脂肪を消費し始めるので、有酸素運動を30分以上
続けるようにしましょう。

 

 

最低週3回のペースで

 

1回30分以上の有酸素運動を毎日続けることが難しい場合、
最低でも週3回は行うようにしましょう。

 

運動しない日が3日以上続くと、運動をしても効果を発揮しにくく
なるので、3日以上日を空けないように気をつけましょう。

 

 

激しい運動がNGな場合は水泳がおススメ

血管を強くするサプリ 画像

 

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だと足の膝や関節に
負担が大きいという場合には水泳がおススメです。

 

水泳が苦手な場合でも、水中で歩くだけでも
十分効果が期待できます。

 

関連ページ

生活習慣病を招く要因!コレステロールとは?
健康診断などで数値化される「コレステロール」ですが、どんな物かあまりよく分からない方も多いのではないでしょうか。まずはコレステロールについて解説します。
高い血中コレステロール値が招く病気のリスクとは?
コレステロール値が高いまま放置すると、どのようなリスクが生じるのかをご説明します。
コレステロール値の改善に効果的な食材とは?
健康のために悪玉コレステロールを増加させないことが大事ですが、LDL値を改善する効果のある食材はあるのでしょうか?食事から改善するヒントを集めました。
血中コレステロール値をサプリメントで改善するには?
コレステロール値を手軽に改善できるサプリメントについてご紹介します。上手に有効成分を摂取して体質改善を目指しましょう。